物件を早く売りたい人必見!不動産買取における基本知識と適しているケースをご紹介します

このサイトでは不要な不動産を早く処分したいというニーズにお応えする不動産買取サービスに関して、利用するにあたって役にたつ基礎知識を幅広く御紹介しています。
大切な不動産を処分してから、後悔してしまうことがないように抑えておきたいポイントになるのが、信頼できる不動産業者の探し方です。
信頼できない業者に頼むと買い叩かれるリスクもあるので注意してください。
不動産仲介よりも買い取りに適している事例についても御紹介しています。

物件を早く売りたい人必見!不動産買取における基本知識と適しているケースをご紹介します

不動産買取にあたって抑えておきたい基本知識として、仲介手数料が発生しない点をあげることができます。
通常の不動産売買では、不動産会社は売主と買主をマッチングして売買契約の成立の成功報酬をえることを目的にしています。
相場は売買金額に対して3%(別途消費税必要)+6万円で、これは売買時のコストになります。
これに対して不動産買取は売買契約を仲介するわけではないので、仲介手数料のコストはかかることがないので、その分コストが節約されているのが特徴です。

不動産買取相場は市場売却相場の20%から40%減額されるのが一般的です

一般的に家や土地を売りたいと考えたなら、最寄りの不動産業者に仲介で売るのが一般的です。
不動産業者と媒介契約を結んだあと、独自のネットワークを駆使して買主を探し出し売主とマッチングを行ってくれるのです。
内見で気に入ってもらえたら売買契約後引き渡しという流れになっていきます。
この仲介は売主の希望額で売ることが出来るのが魅力です。
その反面マッチングがうまくいかず売るまでに時間をかなり要することも多々あるんです。
しかし中には短期間で売って現金化したい人も多いんです。
この場合には仲介ではなく不動産買取を利用するとよいでしょう。
不動産買取は専門業者による直接買取であって、マッチングなど必要ありません。
早い場合は業者が買取二週間前後で売却が完了するんです。
一方で売却相場額よりも20%から40%減額されてしまうデメリットもあります。
だが仲介手数料もかからず、家事や事件など事故物件でさえも買い取ってくれるのです。

不動産買取額が安い理由は売主と買主をマッチングせず買取業者直接の買い付けだから!

不動産を様々な理由で売らなければならないときがあります。
よく見られるのが転勤によって今まで住んできたマンションや一軒家を売却し、そのお金で転居先の家賃や住宅ローンに充当するというケースです。
そのため不動産会社の仲介を利用して物件を売る人も非常に多いんです。
仲介では買主と売主のマッチングを行ってくれます。
ポスティングやネット広告などコネクションを使って買手を見つけ、売り主の希望額に近い形で売ってくれるんです。
しかし物件によっては売れるまでに数年単位かかってしまうことも珍しくありません。
だが転勤を控えていると、年単位売れるまで待つわけにはいきません。
そこで不動産買取などを検討してみると良いんです。
不動産買取とは買取業者の直接買い付けであり、仲介よりも早く売却でき現金化が早いです。
その反面買取額が安いのです。
安い理由は売主と買主をマッチングする必要もなく、買取業者の言い値で買い取られてしまうからです。

不動産買取には仲介手数料が発生しないメリットがある

不動産を売却する手段は、仲介と買取の2種類があります。
仲介とは不動産業者がマッチングする形で買主を見つけてくることを言います。
それに対して、買取とは不動産業者が直接売主から物件を購入することです。
不動産を売却する時に一般的に選ばれるのは仲介です。
不動産業者が買主を見つけてきて、売主と買主をつなぎ合わせます。
実際にマッチングして契約が成立した場合は、携わった不動産業者に対して仲介手数料が発生します。
売主と買主のマッチングに携わった場合は、双方から徴収可能です。
それとは逆に、不動産買取の場合は、手数料が発生しません。
不動産買取は売主と買主の関係がはっきりしているため、新たにマッチングする必要がないのです。
不動産業者は、仲介料がかからない代わりに、購入した物件をリフォームなどを施しどこかに転売して利益を確保する必要があります。
そのため、不動産買取の場合は、成約価格が低くなる点に注意しなければいけません。

不動産買取の所要時間は最短で二週間と非常にスピーディー

不動産買取といえば、所要時間が短くてかなり速くスピーディーに売れることもあるのが魅力ではないでしょうか。
これは仲介だと買い手を探さなくてはいけませんし、それこそ数ヶ月以上掛かるケースも珍しくないです。
短期間に買い手が見つかるかどうかは、不動産の魅力や立地条件などが関係してくるので、例えば事故物件だったり不便な立地だとなかなか買い手がつかないです。
その点、不動産買取は交渉相手が目の前にある状況でスタートするので、買い手を探す手間がなく、事故物件であっても交渉次第で買い取ってもらえる可能性があります。
所要時間は一般的に最短二週間といったところで、つまりは半月もあれば手放せることを意味します。
不動産買取には建物の評価、書類の精査などがありますから、二週間というのは妥当なところです。
あまり買取に積極的でなかったり、手続きに不備がある場合は別ですが、不動産買取は早く売って現金化したい時に最適ではないでしょうか。